arclamp

ITアーキテクト 鈴木雄介のブログ

フェアユースは認められたが、Googleは対価を支払うべき - Java API訴訟に寄せて

ようやく裁判の結果が出ました。結果としてフェアユースが認められたのはよかったのですが、Googleが勝訴したということは素直に喜べないので、その理由を書いておきます。関連ニュースは、こういったところから。 約1兆円の賠償金を巡るGoogleとOracleの10…

JJUG CCC Fall 2020をオンラインで開催しました

ちょっと時間が経ってしまいましたが、2020/11/7にJJUG CCC 2020 Fallをオンラインで開催しました。オンラインでのイベント開催は、まだ世の中にもノウハウがないと思うので公開報告です。 JJUG CCC 2020 Fall 会場タイムラプス 概要 セッションスケジュール…

やるべきことをやる、壁を越える #devsumi 2020

久しぶりのデブサミで、世界最高の靴売場をシューカウンセラーとともにデジタル変革してみた という講演をしました。 ともにつくる 2019/10から三越伊勢丹グループの(株)アイムデジタルラボで取締役(Graatとは兼務)として仕事をしています。会社設立&取…

2040年問題とITエンジニア - DevLOVE Xに寄せて

エモいことで有名なDevLOVEの10周年記念イベントDevLOVE X 〜 それぞれの10年、これからの10年 〜で「エンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれから」という講演をしてきました。資料は以下。 Togetter - #DevLOVEX 鈴木 雄介「エンタープライズ…

Graat始めました。

本日2018年11月1日、Graat(グラーツ)を設立し、代表取締役社長に就任しました。社名はグロース・アーキテクチャ&チームス株式会社です。これまでの活動とは特に変わらず、アーキテクチャ設計やエンタープライズアジャイル開発周りの仕事をしていきます。…

エンタープライズアジャイルとNoOpsとマイクロサービス

最近、以下の2つの講演をしました(資料は記事末に貼っておきます)。「エンタープライズアジャイルでチームが超えるべきこと」(2018/10/17) エンタープライズアジャイル勉強会 2018年10月セミナー 「MicroserviceでのNoOps戦略」(2018/10/26)NoOps Japa…

エンタープライズアジャイルの成長過程について

2018年7月23日におこなわれた要求開発アライアンス2018年7月定例会で「エンタープライズアジャイルにおける要求探索の勘所」という話をさせていただきました。資料は以下。 僕にとってのエンタープライズアジャイルの定義はウォーターフォール開発の環境が整…

アジャイルにおける事前合意について

昨年末、ブログをネタにTwitterで議論したことを akipii さんが「アジャイル開発にはモデリングや要件定義の工程はあるのか、という問題とその周辺: プログラマの思索」というエントリにまとめてくださいました。ありがとうございます!。ブログで書かれたこ…

アジャイルを機能させる外枠について

2017/12/15のエンタープライズアジャイル勉強会 2017年12月セミナーの企画は僕がやらせてもらいました。テーマは「アジャイルを機能させる外枠」とし、アジャイルチームがうまく機能するために、あえてチームの外側で解決した方がいいこと、を整理してみたい…

大きなアーキテクチャ設計と小さなアーキテクチャ設計

2017/12/15(金)にエンタープライズアジャイル勉強会2017年12月セミナーで「アジャイル開発を支えるアーキテクチャ設計とは」という話をしました。資料は以下から。 アジャイル開発を支えるアーキテクチャ設計とは 僕の話したかったのは「アーキテクチャ設…

MSA化レベル定義 - 低レベルなマイクロサービスはただのファイル連携と見分けがつかない

「低レベルなマイクロサービスアーキテクチャ(MSA)」というのは「ただの基幹システムとのファイル連携」でいいんだよ、という話。 Level 5 | Richmond, Virginia | Rebecca Morgan | FlickrMSAというのは「どこかに存在する完成されたシステム」ではなく、…

おじさんにも分かるITトレンド説明と日本のエンプラITの限界

タイトルは煽りです。某勉強会向けに作成した資料ですが許可を得て掲載します。 2001年アジャイル、2006年クラウド、2009年DevOps、2014年マイクロサービスという一覧のトレンドを解説しつつ、最後は「日本のエンプラITはついて行けていないよ」という話。1…

事業会社におけるマイクロサービス化について

がちがちのエンタープライズ系で既存システムのマイクロサービス化に取り組むときに注意したいこと。 儲かる機能をマイクロサービス化する マイクロサービスの最大の目標は「サービス化された機能のリリースサイクルを、その機能を管理するチームが独自に決…

マイクロサービス化設計入門 - AWS Dev Day Tokyo 2017

2017年月31日開催されたAWS Dev Day Tokyo 2017で「〜マイクロサービスを設計する全ての開発者に送る〜クラウド時代のマイクロサービス設計徹底解説!」という講演をしました。諸般の事情でタイトルは煽り気味ですが、40分しかないのに徹底解説というのもあ…

JJUG CCC 2017 Springを開催しました #jjug_ccc

昨年の12月からブログを書いていませんでしたね。こんにちは、JJUG会長の鈴木雄介です。2017/5/20(土)に20回目となるJJUG CCC 2017 Springを開催しました。まずは、参加者、講演者、スポンサー各社、ボランティアスタッフ、そして幹事のみなさま、参加あり…

JJUG CCC 2016 Fallを開催しました #jjug_ccc

日本Javaユーザーグループの会長 鈴木です。2016年12月3日(土)にJJUG CCC 2016 Fallを開催しました。事前申し込み1525名、当日参加905名と記録更新です。ベルサール新宿グランドにも慣れてきたのと、今回は貸し切りだったので大きな混乱はなかったかな、と…

SIerが考えるプロダクトオーナーのありかた

2016/11/26(土)に行われたプロダクトオーナー祭り 2016で、プラチナスポンサーとして「プロダクトオーナーは育成できるのか?」という話をさせていただきました。資料は後段に。 なぜSIerがPOを語るのか 弊社は受託開発を中心とするシステム開発企業、いわ…

2016年現在のJavaについて

Sun MicrosystemsがOracleに買収されたのが2009年ですから、あれから7年が経ちました。 2013年、Javaは大人になったはずだった 僕は2013年に「イマドキのJavaとORACLEについて - arclamp」という記事をアップし、次のように書きました。 そんなわけで「ORACL…

日本企業にアジャイルを導入して考えてこと #easg

2016年11月18日に行われたエンタープライズアジャイル勉強会11月セミナーにて「ユーザー企業へのアジャイル導入四苦八苦」という講演をさせてもらいました。資料は後段に。 エンタープライズアジャイルとは 「エンタープライズアジャイル」の定義は曖昧です…

アーキテクチャ設計のジレンマと拡張構造としてのマイクロサービスアーキテクチャ

2016年10月24日のQCon Tokyo 2016にて「今どきのアーキテクチャ設計戦略」という講演をさせていただきました。 アーキテクチャ設計のジレンマ 伝統的に、アーキテクチャ設計というのは設計や実装に先立って事前的に行われる必要がある、とされています。設計…

デブサミ関西2016「クラウドの発展とデベロッパーの役割について」

JavaOneに来ていますが、満席で入れなかったのでデブサミ関西2016の話を。「デブサミへの帰還。」というエモいエントリが上がっていますが、たしかにデブサミ育ちとしては、デブサミに呼んでもらえる、それも基調講演というのは非常にありがたい話です。その…

エンタープライズにおけるマイクロサービスアーキテクチャについて

エンタープライズ業界でもマイクロサービスアーキテクチャの議論が盛り上がりはじめてて、それは良いのですが、やはり本質的ではない技術論にばかり夢中になっている気がしています。 エンタープライズシステムの現状 モノリシックな巨大システムでは一部分…

ウィトルーウィウス 建築書

ウィトルーウィウス建築書 (東海選書)は建築家ウィトルーウィウスによって紀元前30年頃に書かれた書籍で、最も古い建築書として知られてます。松岡正剛による書評(778夜『建築書』ウィトルーウィウス|松岡正剛の千夜千冊)が素晴らしいので加えることもない…

Cloud First Architecture設計ガイドが発売(8/25)されます #cfadg

本を書きました。2016/8/25に発売されます。ハッシュタグは #cfadg (Cloud First Architecture Design Guide)でお願いします。Cloud First Architecture 設計ガイド作者: 鈴木雄介出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2016/08/25メディア: 単行本この商品を含…

ウォーターフォールとアジャイルを考える

初めて単独主催の勉強会をしました。ワークショップなので後半の1時間はディスカッションにしたのですが40人のわりには、それなりに面白い話ができた気がしています。資料とワークの結果、あとTogetterは以下から。 togetter.com 今回のプレゼンは純粋な「プ…

JJUG CCC 2016 Springで基調講演してきた

JJUG CCC 2016 Springで「JJUG運営の戦略と戦術」という内容で基調講演をしてきました。資料はこちら。 資料の訂正としては6ページ目にある参加者が「700名予定(申込:1,233名+α)」は「810名(申込:1,267名)」で確定しました。昨年は670名ぐらいで安定…

マイクロソフトのネット配信に出てみた件

マイクロソフトの寺田さんと牛尾さんにお呼ばれして、Azure Minutesというネット配信番組に出演してきました。光栄なことに第1回ゲストです。 日本 Java ユーザーグループの会長を務め、IT アーキテクトとして著名な鈴木 雄介氏をお招きし、IT アーキテクト…

JJUG CCC 2015 Fallご報告

2015/11/28(土)にJJUG CCC 2015 Fallをベルサール新宿グランドにて開催しました。セッション30個、ハンズオン2個、ブース4社、スポンサー11社という規模になり、参加677名(登録1129名)という結果でした。ご参加いただいた皆様、セッションをしていただい…

ソフトウェア開発におけるデザイン視点の変化

2015/11/14(土)に開催されたJavaOne2015報告会で話をしてきました。資料は以下。 この資料を作る中で気づいたというか、思ったことは、この20年でソフトウェア開発におけるデザインの視点が変化しているな、ということです。 ユニットテストとDIコンテナが…

エンタープライズにおけるDevOpsとマイクロサービス - JavaOne2015レポート

バズワード過ぎてタイトルにするのも憚られるのですが、JavaOne2015でキーワードになったことは間違いないので...。JavaOne2015でもDevOpsやマイクロサービスについてのセッションが多く見られました。昨年はマイクロサービスというとWebアプリケーションフ…